quote linkedin dugout

エティハド航空は2009年5月からマンチェスターシティのメインクラブスポンサーを務めています。

それ以降、クラブは大きな成功を経験し、11年にはFA杯の優勝、2011/12シーズンにはプレミアリーグを制覇しました。

スタジアムは、エティハド・スタジアムと改名し、東マンチェスターに位置するスポーツ・シティサイトの大部分を占め、新たに命名されたエティハドキャンパスの中核を担っています。現在、マンチェスターシティは成功を続けており、エティハド航空はこのクラブの明るい将来の一部を担う事に喜びを感じています。

アラブ首長国連邦のナショナル・エアラインであるエティハド航空は、わずか8年で世界有数の航空会社に上り詰めました。

2003年7月、国王の命により設置されたエティハド航空は、同年11月に商業運転を開始し、商業航空の歴史で一番成長が早いエアラインとなりました。

アラブ首長国連邦の首都であるアブダビがエアラインのハブとなっています。エティハドの66航空機の艦隊は毎週千便を操作しており、国際ネットワークで中東、アフリカ、欧州、アジア、オーストラリアと北米の84カ所の乗客、貨物目的地で飛行しています。また、エティハド航空は欧州で6番目に大きいエアベルリンを約30%保有しているほか、セーシェル航空も40%保有しています。

エアラインはアラビアのおもてなし− 教養、思いやり、暖かくて寛大−を最大に反映しようとしており、同時にアブダビを西と東の間での威信を高めようとしています。

エティハド航空は、「ワールドトラベルアワード」で「世界をリードする航空会社賞」を、2009年、2010年、11年、12年に受賞し、世界有数のプレミアム航空会社のブランドとしての地位を反映しています。

詳細はこちら