quote linkedin dugout
ニコラス オタメンディ

獲得トロフィー

  1. ポルトガルリーグ
    ポルトガルリーグ
    2010/11
  2. タッサデポルトガル
    タッサデポルトガル
    2011年
  3. 欧州リーグ
    欧州リーグ
    2010/11
  4. ポルトガルリーグ
    ポルトガルリーグ
    2011/12
  5. ポルトガルリーグ
    ポルトガルリーグ
    2012/13
  6. キャピタルワン杯
    キャピタルワン杯
    2016年

ニコラス・オタメンディは、アグエロ、デミチェリスとザバレタのアルゼンチン代表チームのいるシティへ15年夏にバレンシアから加入しました。

ブエノスアイレスのエルタラルで生まれ、幼い頃は、サッカーとボクシングに励んでおり、従兄弟と共に、地元のジムに出入りしていました。

オタメンディは、アルゼンチンで最も有名なクラブの一つであるベレスサルスフィエルドに加入し、20歳のときに、ファーストチームデビューを果たしました。2008年の時でした。

2009年4月、当時のマラドーナ監督によってアルゼンチン代表に召集されました。その時点で、プロ選手として、チームで11試合しか出場経験がなかったですが、パナマとの親善試合のために代表入りしました。試合には、先発出場し、3-1の勝利に貢献しました。

オタメンディは同年、南米最優秀チーム賞に選ばれました。21歳でしたが、クラブと代表と両方での活躍が認められての受賞でした。2010年までに、代表戦で、10キャップを達成しました。その中には、南アフリカで開催されたW杯の試合も含まれます。W杯での活躍もあり、ポルトへの移籍が実現しました。

同選手のデビューシーズン、ポルトは国内リーグ、国内カップ戦と欧州リーグで優勝を果たしました。また11/12と12/13シーズンでもリーグ優勝を飾りました。

2014年2月、バレンシアへ加入しましたが、期限付き移籍でブラジルのアトレチコ・ミネイロへと渡りました。バレンシアへ戻った同選手は、クラブを4年ぶりの欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場を導き、スペインリーグの年間最優秀チーム賞を受賞しました。

スペインでの活躍もあり、15年夏、シティへ移籍することになりました。シティでのデビュー戦は、途中交代だったユベントス戦でした。初得点は、ノリッジ戦で決めたヘディングゴールでした。デビューシーズンには、キャピタルワン杯を掲げることに成功しました。

オタメンディは、16年の南米予選権でもアルゼンチン代表として、参加していましたが、決勝で敗れてしまいました。

他の記事ページに移動する

メディア

シティ通算出場数: 72

オタメンディ
前の選手
トシン アダラバイヨ
戻る
次の選手
パブロ マフェオ
次へ