quote linkedin dugout

ファンブログ

動画 1 ギャラリー

シティファンブログ:ブライトン戦観戦記

シティサポーターのゆうきさんが、プレミアリーグ開幕戦のブライトンを訪問した様子を振り返った。

17/18シーズン開幕戦を見る為に、イギリスのブライトンまで行ってきました。  

本当はエティハドスタジアムでのホーム開幕戦を見ようと思っていたのですが、直前でマンデーナイトに日程変更され見られなくなってしまった為、急遽アウェイのブライトン戦のチケットを取り、マンチェスター空港からブライトンまで大移動しました。 

 


 

 

ブライトンはロンドンから電車で1時間弱程、また乗換え無しで行くことができ、アクセス面がとても便利でした。  

海沿いにある街はとても綺麗で、8月なので暖かく気持ちが良かったです。  

 


 

街中にはシティのユニフォーム姿のサポーター達もたくさんいて、パブでビールを飲んでチャントの大合唱が起きていました。  

ブライトン&ホーブアルビオンFCのホームスタジアム、アメックススタジアムまではBrighton駅から電車で1本、かつ10分程度で行くことができます。  

電車内では両チームのサポーターが入り乱れていましたが、揉め事は起きず、むしろブライトンサポーターがシティサポーターに降りる駅を教えてくれていたり、スマホで他会場の結果を一緒に見ながら楽しくお喋りしたりと、和やかなムードにつつまれていました。開幕戦ならではのお祭り感も手伝っていたのかもしれませんが、ブライトンサポーターはとてもいい人ばかりでした。 

 

アメックススタジアムはFalmer駅から降りて目の前!エティハドスタジアムばりにアクセスいいです!座席はもちろん、アウェイ側ゴール裏、シティサポーターが集う場所です! 

 


 

 


 


 


 

スタジアムに入り、まずはビール!ブライトンの地ビールが生で飲めました。 イギリスは席までアルコールを持って行くことができず、コンコースで飲むことになるんですが、アルコールが入ってテンションMAXシティサポーターたちが試合開始直前までチャント歌いまくりの大騒ぎ(笑) 

試合前のウォーミングアップが始まっていますが、そっちのけでコンコースでビール飲んで歌っています。なので試合開始直前まで席はガラガラ。自分もウォーミングアップ見学は捨てて一緒になって歌いまくります。

その為、ウォーミングアップはほとんど見れず(笑) 

 


 

 


 

試合開始直前には、なんとエティハド同様にThe BeatlesHey Judeが流れ、もちろんこれも大合唱。イギリス人は本当に歌うのが大好きです。とにかく歌いまくる。一人がチャントを歌いだすと、周りが一緒になって歌い、やがてスタンド全体が歌う。この一体感と雰囲気がめちゃくちゃ良いんです。 

シティがコーナーキックを得た際、自分がいち早くデブライネのチャントを歌ったら周りも一緒になって歌ってくれて、それがアウェイゴール裏全体での大合唱になり最高に気持ち良かったです。 

試合はというと、攻め立ててはいるもののなかなか決定機を決めきれず、ゴール裏も若干ピリピリした雰囲気になってきた所にデブライネのいいボール奪取からのアグエロのゴールが決まり、ゴール裏はチャント歌いまくり&暴動一歩手前のお祭り騒ぎに。 

ゴール決まった瞬間から周りのシティサポーターたちに肩組まれてブンブン振り回されます(笑)いつもそうですが、日本から来たよそ者の自分にも、肩組んだり一緒になって叫んだり、普段通りの接し方をしてくれるので、仲間に迎えてもらった気持ちになります。今回、ジェラード2世になるはずだったシティアカデミーからの逸材、マイケル・ジョンソンのユニフォームを着て行ったのですが、コワモテのファン達に「嘘だろジョンソンかよ!」とめっちゃ絡まれました。(いい意味で) 

シティサポーターの人々は気さくで良い方ばかりだな、と試合を見に行くたびに感じます。慣れないウイングバックで奮闘するサネに対してずーっとチャントを歌ってあげていたのが印象的でした。また、キャプテンのコンパニのナイスクリアに対しては大拍手。キャプテンはしょっちゅうチャントも歌われますし、サポーターから本当に愛されていますね。キャリアを終えるまで、シティにいてほしいものです。 

試合はその後オウンゴールで追加点をあげ、2-0での勝利。開幕戦、アウェイ、昇格したてのモチベーションの高い相手に対してこの結果は大満足です。皆、満足気にマンチェスターへ帰って行きました。 

 


 

 ブライトンサポーターもシティサポーターも肩を並べて電車で帰ります。開幕戦ということもあるせいか、これから始まるシーズンへの期待感、ワクワク感が漂っていて勝ったシティ側はもちろん、ブライトン側も穏やかな雰囲気でした。 

 


 

今回初めてアメックススタジアムに行きましたが、去年まで2部だったとは思えないほど綺麗で、収容可能人数も3万人以上。素晴らしいです。 

また、スタジアムの雰囲気、ブライトン市街からのアクセスの良さ、最寄り駅からの近さ、フリーWi-Fi完備とエティハドスタジアムを彷彿とさせました。これはシティサポーターが違和感無く気持ち良く歌って応援できるのもわけないなぁと感じました。一回り小さいエティハド、って感じです。 

アメックススタジアム、とてもオススメです。

 


 

試合は見ることができませんでしたが、今季のユニフォームを作りにエティハドスタジアムにも行ってきました。  

 


 

ユニフォームにマンチェスターのシンボル、蜂をマーキングしてもらいました。 

£3でマーキングしてくれます。これはマンチェスターアリーナで起きたテロ被害者への募金になるそうです。マーキングしてくれたストアの兄ちゃんに「懐かしいユニフォーム着てるね」と話しかけられ、お金持ちになる前のシティの話で盛り上がりました。シティストアの店員さん、シティのことが大好きだし、みんな気さくでいい人です。 

 

 

Cityzens会員の名前がスタジアムに刻まれています。自分の名前もエティハドスタジアムのどこかに刻まれていると思うとなんだか誇らしい気分に。 

 

 

 スタジアム近くにはMary D's Barというシティ贔屓のパブがあります。観戦の際は是非立ち寄ってみてください。 

 

 

 

 

シーズン開幕戦、快調な滑り出しを見ることができました。あとは良いシーズンが送れるよう、日本から応援します。 

またすぐに、マンチェスターまでシティの試合を見に帰ってこられたらいいなと思います。 

ファンブログ

シティファンブログ:16ー17シーズンの選手評価