quote linkedin dugout

試合レポート | Season 2017/18シーズン

動画 ギャラリー

ナポリ 2
シティ 4

クラブ記録を更新したセルヒオ・アグエロ

クラブ記録を更新したセルヒオ・アグエロ

欧州チャンピオンズリーグ(CL) スタディオ・サンパオロ 2017年11月1日 19:45:00

ナポリ

2
2 - 4

マンチェスターシティ

4
審判
フェリックス・ブリヒ
Matchday centre

ナポリ:

  • レイナ、アラン(後半30分 ログ)、カジェホン、ジョルジーニョ(後半37分 ウナス)、メルテンス、ハムシク、ヒサイ、インシーニェ、クリバリ、グラム(前半30分 マッジョ)、アルビオル
起用されなかったサブ
セーペ、ジエリンスキ、キリケシュ、ディアワラ

マンチェスターシティ:

  • エデルソン、ダニーロ、ストーンズ、オタメンディ、デルフ、フェルナンジーニョ、デブルイネ、ザネ(後半44分 ジェズス)、スターリング、ギュンドアン(後半26分 ダビド・シルバ)、アグエロ(後半31分 ベルナルド・シルバ)
起用されなかったサブ
ブラボ、ウォーカー、マンガラ、トゥーレ

マンチェスターシティは、ナポリと対戦し、4-2で勝利した。

順位 チーム 得失点 勝点
1 Manchester City 4 +9 12
2 Shakhtar Donetsk 4 +2 9
3 Napoli 4 -2 3
4 Feyenoord 4 -9 0

前半は、両チームとも拮抗したポゼッションだった。試合開始直後は、ナポリがシュートに行く場面が多かったが、GKエデルソンのセーブなどにより、失点は免れた。状況が変わったのは、前半21分だった。メルテンスとのワンツーからインシーニェが右足でペナルティエリアからネットを揺らし、シティは失点を喫した。

その後もナポリの優勢が続いていたが、同30分にグラムが怪我により、交代を余儀なくされた。試合再開後から、シティの攻撃がスムーズになった。2分後、スターリングのパスからアグエロがボックス内からシュートに行くも、相手DFに当たって、ゴールラインを割った。

シティは、右ショートコーナーからギュンドアンがクロスを供給。同ボールにオタメンディがヘディング合わせて、同点に追いついた。前半34分のことだった。

シティの勢いは増し、同38分には、相手DFのクリアしたボールのこぼれ球をストーンズがヘディングを合わせるも、残念ながらボールは、バーに直撃した。

同点のままハーフタイムに突入した。

 

後半開始直後、コーナーからストーンズのヘディング弾で逆転に成功したシティ。しかしながら、ペナルティエリアでのザネのアルビオルへのファールで、シティは、PKを献上。ジョルジーニョが落ち着いてPKを決めて、シティは、同点にされた。

後半23分のカジェホンのシュートは、GKエデルソンのセーブで、事なき得た。

シティは、カウンターからザネがドリブルで前線へボールを運ぶも、ヒサイからのタックルでボールを失った。しかしながら、走りこんでいたアグエロがボールを拾い、そのままボックス内から右足を振り抜き、勝ち越しゴールを決めた。アグエロがシティ歴代最多得点選手となった瞬間だった。

攻撃が止まらないシティは、後半ロスタイムにデブルイネのパスからスターリングがダメ押しの4点目を決めた。

ナポリ戦での勝利により、グループステージの突破が決まった。

 

スターマン

マッチデイアプリのファン投票により、セルヒオ・アグエロがMOMに選出された。