quote linkedin dugout

試合レポート | Season 2017/18シーズン

動画 ギャラリー

ハダーズフィールド 1
シティ 2

アグエロがPKを決めて同点に追いついた

アグエロがPKを決めて同点に追いついた

プレミアリーグ ジョンスミスズスタジアム Att:24121 2017年11月26日 16:00:00

ハダーズフィールド

1
1 - 2

マンチェスターシティ

2
審判
クレイグ・ポーソン

ハダーズフィールド:

  • レッスル、スミス、マローン(後半29分 レーベ)、ホグ(後半41分 モウニー)、モーイ、ムーイ、ファンラパラ、ウィリアムズ、ドゥポワトル、インス(後半36分 クバナー)、ヨルゲンセン、シンドラー
起用されなかったサブ
グリーン、カチュンガ、クレイニー、ハデルジョナイ

マンチェスターシティ:

  • エデルソン、ウォーカー、オタメンディ、コンパニー(後半35分 ジェズス)、デルフ、フェルナンジーニョ、デブルイネ、ダビド・シルバ(後半44分 マンガラ)、スターリング、ザネ、アグエロ(後半41分 ギュンドアン)
起用されなかったサブ
ブラボ、ダニーロ、ジンチェンコ、ベルナルド・シルバ

マンチェスターシティは26日、ハダーズフィールドと対戦し、2-1で逆転勝利した。

高いポゼッションを保ってはいたが、ゴールまでが遠い展開だった。ペナルティエリア付近で、デブルイネやダビド・シルバのパスが遮られる場面が目立った。前半7分、コーナーからコンパニーがヘディングを合わせるも、わずかに枠をそれて、先制チャンスを逃した。また同13分のセットプレーからアグエロがネットを揺らすもオフサイド判定だった。

前半37分には、両軍を通して初めてシュートが枠に飛んだ。アグエロのシュートは、残念ながらGKレッスルにセーブされた。こぼれ球を拾ったスターリングがシュートに持ち込むも枠に飛ばすことができなかった。

ロスタイムにシティは失点を喫した。右CKのボールをクリアしようとしたオタメンディの肩に当たり、ボールはネットに吸い込まれた。1点のビハインドでハーフタイムに突入した。

 

シティは後半、幸先のいいスタートを切った。スターリングがペナルティエリアでマローンに倒されて、PKを獲得。アグエロが右足で落ち着いて決めて同点にした。後半に入っても約80%の高い支配率を保っていた。

後半12分に、シティは、セットプレーを獲得。ザネのFKは、惜しくもバーに直撃して、逆転することができなかった。その後、停滞した時間帯が続くも、同35分、コンパニーに替わってジェズスを投入したことで、試合が徐々に動き出した。

4分後、スターリングがドリブルをしながら中央に切り込みパスを供給。デブルイネのワンタッチの縦パスにジェズスがシュートを打つもブロックされた。こぼれ球をコントロールしようとしたスターリングの右足からボールがゴールマウスに吸い込まれた。シティは、遂に逆転に成功した。

シティは、全公式戦で18連勝中だ。またハーフタイムをビハインドを迎えて、敵地で逆転したのは、22年ぶりのことだった。

 

スターマン

シティマッチデイアプリのファン投票により、セルヒオ・アグエロがMOMに選出された。

 

 

チームニュース

グアルディオラ監督、ハダーズフィールドを警戒

チームニュース

グアルディオラ監督、スターリングを称賛