quote linkedin dugout

試合レポート | Season 2017/18シーズン

動画 ギャラリー

シティ 4
Rマドリード 1

先制点をチームメイトから祝福されるオタメンディ

先制点をチームメイトから祝福されるオタメンディ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選 コロシアム、ロサンゼルス Att: 2017年7月26日 20:00:00

マンチェスターシティ

4
4 - 1

Rマドリード

1
試合ハイライト Matchday centre

マンチェスターシティは、米ロサンゼルスでRマドリードと対戦し、4-1で勝利した。

ロサンゼルスで国際チャンピオンズ杯(ICC)の第2戦が行われた。9万人以上の観客に見守られながら行われた試合だった。

Rマドリードは、クリスティアノ・ロナルドが不在ながらも、力強い先発メンバーだった。シティは、マンチェスターU戦で活躍したフィル・フォーデンが再び先発出場した。

前半は、スコアレスドローで終えたが、後半7分に先制点が決まった。デブルイネの右CKからストーンズがヘディングで合わせるもGKナバスにセーブされた。しかしながら、詰めたオタメンディがゴールを決めた。7分後には、スターリングがドリブルで自らペナルティエリアに切り込み、追加点を挙げた。

再びコーナーのチャンスを得たシティ。ショートコーナーから、デブルイネのパスを、ストーンズがダイレクトに右足を振り抜き、ネットを揺らした。

後半36分には、18歳以下チームで、今回フォーデンと共にファーストチームのプレシーズンに参加しているブラヒム・ディアスが、Rマドリード守備陣をかわしながら、ペナルティエリア外から左足で直接ゴールを決めて4点目とした。

試合終了間際に、オスカルに1点返されるも、大量得点を守り切って、国際チャンピオンズ杯(ICC)第2戦目を勝利で終えた。同杯最終戦は、ナッシュビルでトットナムと試合を行う。

ギャラリー

シティ米国ツアー:LAでの公開トレーニング

チームニュース

メンディの知っておくべきこと