quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

オタメンディ:唯一無二のアグエロを楽しもう

TWO'S COMPANY: City and Argentina team-mates Sergio Aguero and Nicolas Otamendi

TWO'S COMPANY: City and Argentina team-mates Sergio Aguero and Nicolas Otamendi

ニコラス オタメンディが、チームメイトであるセルヒオ アグエロとの親交について明かした。

以前からアルゼンチン代表でともにプレーし関係を築き上げてきたこのペアは、シティでの共闘を通じて仲の良い友人となっている。

 

現在30歳のオタメンディは、2015年にバレンシアから移籍してきた際、アグエロの手助けによってすぐに落ち着くことができたという。

 

「僕がやって来た時、(チームには)アルゼンチン人がたくさんいたけど、セルヒオは僕と同い年だから、お互いのことをよくわかり合うことができたんだ」

 

「僕らは、多くの時間をともにし会話を交わしてきた」

 

「彼は、僕がイングランドに適応するのを助けてくれた。チームでも代表でも、移籍してくる前にアルゼンチン代表で顔を合わせていた時以上にうまくやれているよ」


「彼の助けは本当に大きかったよ。彼はクラブにとって非常に重要な人物だからね。ゴール、記録、存在、ユーモアのセンス……だから彼は唯一無二の人なんだ」

 

アグエロは最近、シティとの契約を1年間延長した。満了を迎えれば、彼はシティの選手として10年間を過ごすことになる。

 

アグエロは2011年の加入以降、207ゴールをマークしクラブ歴代最多得点記録を更新するとともに、プレミアリーグとリーグカップのタイトルをそれぞれ3度ずつ獲得している。

 

オタメンディは、アグエロがエティハドスタジアムでの最後の日を迎えるその時まで“アグエロを楽しむ”ようすべてのシティ関係者へと勧めている。

 

「彼はとても幸せだ」とニコ(オタメンディ)は言う。

 

「彼は何年もの間、ずっとこのクラブで過ごしている」「シティが名を上げた時、彼はすでにここにいた」

 

「すでに話したように、彼はクラブにとってとても重要なんだ。彼がここでもう1年過ごすということは、僕らにとってとても重要なことなんだよ」

 

「僕らは、彼を楽しまなきゃいけない」


チームニュース

アグエロとデブルイネがバロンドールにノミネート

チームニュース

各国代表戦に挑むシティ選手