quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、マフレズとフェルナンジーニョを称賛

PEP TALK: The boss fires out some instructions

PEP TALK: The boss fires out some instructions

ペップ・グアルディオラ監督は、大勝したバーンリー戦後に、記者会見に出席した。

ペップ・グアルディオラ監督は、リヤド・マフレズとフェルナンジーニョのパフォーマンスを称えた。プレミアリーグ前節のリバプール戦では、PKを失敗したが、バーンリー戦では、見事MOMを獲得した。エティハドスタジアムで初ゴールを挙げたほか、後半のシュートは、惜しくも元シティGKのハートにセーブされた。

守備的MFのポジションでプレーしたフェルナンジーニョは、同監督から素晴らしいパフォーマンスだったと賛辞の言葉を受けとった。

また怪我で長期離脱していてケビン・デブルイネも、後半途中からピッチに投入された。

「マフレズは、個性を見せてくれた。PKを失敗する可能性があるのは、蹴った選手だけだ。彼は、素晴らしいゴールを決めた。他の選手への手助けや、どれほどアグレッシブだったか、とても良かった。リヤドは、良いパフォーマンスをした。才能ある選手だと分かっていた。ボールを持ったプレーが好きな選手だ。右からも左からもゴールを決めることができる。僕らにとって、良い補強だった」と語った。

 

フェルナンジーニョに関しても「僕らと一緒にいた期間、ずっと重要な選手だ。それに疑問に余地はない。バーンリー戦は、クレバーだった。ボールを受け取るとき、いつも準備ができていた。素晴らしく、並外れていた。今日の試合は彼にとって、今季ベストパフォーマンスの一つだ。鍵となる選手だ」と言及した。

 

バーンリーに大勝したシティは、プレミアリーグで首位をキープした。グアルディオラ監督は、試合結果から、選手たちもプレーに心地よさを感じていると口にした。

「僕らのホームゲームのレベルは、とても高い。ホームでの試合は、全勝しており、どの試合も良いプレーだった。バーンリー戦に関しては、攻撃も良かったし、違う5選手が得点を挙げた。セルヒオ(アグエロ)やガブリエル(ジェズス)にだけ、プレッシャーがあるわけではない。日々学んでいる。守備が深いとき、良い攻撃ができる。相手が攻撃を仕掛けてくるとき、シティの選手にはペースがある。ホームでの試合は、心地よく感じており、観衆も一体となってくれる。ピッチを整備するスタジアム整備員にお礼を言いたい。僕らがより速くプレーできる手助けをしてくれる。選手をローテーションしても、プレミアリーグで安定し、好調さをキープできている。とても重要なことだ」と説明した。

試合レポート

シティ、バーンリーに大勝

チームニュース

シティ v バーンリー:主な見どころ

シティは本日、本拠地エティハド・スタジアムでバーンリーを迎え、リーグ戦を再開!

5人の選手の個人的な対決も見られる可能性がありワクワクする試合となる

チームニュース

シティ v バーンリー:デブルイネ最新情報