quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

メンディ、マンチェスターダービーでの復帰を目指す

ホームデビューを飾ったバンジャマン・メンディ

ホームデビューを飾ったバンジャマン・メンディ

バンジャマン・メンディ(23)は、クリスタルパレス戦で膝十字じん帯を負傷し、戦列を離れてから5カ月以上が経過した。

負傷直後に手術を受けており、その後、順調に回復してきた。今シーズンも最後の3分の1に差し掛かっており、メンディのリハビリも後半戦に突入した。同選手は、復帰の目処について語った。

「リカバリーセッションが始まったとき、欧州CLの準決勝のことを思い浮かべていた。それが当初の目標だった。でも予定よりも、早く回復している。それよりも早く復帰することを予想している。そう信じているんだ。4週間以内に復帰することは、可能だと思うよ。あまり早すぎるのも良いと思えない。時間をかける必要があるからね。様子を見ていくが、僕は一生懸命にリハビリをしているし、楽観的に考えている」と早期回復を明かした。

 

ソーシャルメディアでも一躍人気者となったメンディは、4月初旬の復帰も否定しなかった。ドラマチックなマンチェスターダービーでの復帰もありそうだ。同選手は、例え試合に出られなくても、チームのトロフィー獲得を楽しみたいと口にした。

プレミアリーグで優勝した際に授与されるメダルを獲得するために、メンディは少なくとも1試合に出場する必要がある。シティは、残りの試合のうち5試合で勝利すると、優勝が決まる。

「マンチェスターダービーは、現実的な目標だよ。自分の中で半分は、消化できている。その試合で、本当にプレーしたいんだ。もちろんもっと先を見据えるとワールドカップもある。W杯は、何の問題もないよ。復帰したら、良いプレーを披露したい。良い感じに復帰して、リズムをキープできることを確信する必要がある。前は、(ダービー戦が)目標の一つであったけど、今は大丈夫だと分かっている」と自信をのぞかせた。

試合レポート

シティ、アーセナルに快勝