quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、ベスト16突破を喜ぶ

PEP WATCH: The manager observes from the bench.

PEP WATCH: The manager observes from the bench.

ペップ・グアルディオラ監督は、準々決勝進出を決めた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のバーゼル戦後に、記者会見に出席した。

グアルディオラ監督は、2季連続での欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝進出を喜んだ。2-1で敗れたが、ベスト8進出を決めた。全公式戦で今季黒星だったのは、4試合目だった。

「再び準々決勝に進出することができて嬉しいよ。僕らに名声を与えてくるものだ。グループステージは、世界ベストチームの一つであるナポリとシャフタルドネツクを抑えて、ほぼ無傷で突破した。バーゼルとのファーストレグとセカンドレグの前半は、良いプレーだった。後半は、同じような気持ちが欠けていた。良くなかった。攻撃をすることを忘れていた。プレーやボールをパスすることを忘れていたようだった。相手に攻撃をするためのパスだよ。僕らは、ただパスをするためにパスをしていたようだった。パスをするためのパスは、何も生み出さない。後半は、本当に乏しい内容だった」と振り返った。

 

グアルディオラ監督は、欧州チャンピオンズリーグ(CL)で2度目の先発出場を記録した17歳のフィル・フォーデンを称えた。

「良かったよ。後半、おそらく彼とリロイ(ザネ)だけが、ボールで仕掛けていこうとアグレッシブだった」と言及した。

 

怪我から復帰したガブリエル・ジェズスは、昨年11月18日以来初めて、ゴールを挙げた。

「ガブリエルが復帰してから、まだ2、3試合しか出場していない。1得点を挙げることが難しいのは、普通のことだよ。リズムを見つけるために、90分を通してプレーしたことが重要だった。得点を決めたのは、彼の自信に繋がる」と説明した。また「ヤヤ(トゥーレ)、ジョン(ストーンズ)、ダニーロやガブリエルにとって、フル出場したことが良かった。未来に繋がるリズムを見つけることができる」と続けた。

 

欧州チャンピオンズリーグ(CL)ベスト8の組み合わせ抽選会は、今月16日に開催されるが、グアルディオラ監督は、どのチームと当たっても難しい試合になることを強調した。

「準々決勝では、どのチームもタフで要求が高いよ。トットナムとユベントスのように、同じくらいのレベルが拮抗している。突破するためには、良いパフォーマンスをする必要があると分かっているし、準備をしていく。自分たちのレベルを理解することが大事だ」と締めくくった。

試合レポート

シティ、欧州CLで準々決勝に進出

​BACK IN THE GOALS: Gabriel Jesus celebrates handing City an early lead.

マンチェスターシティは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でバーゼルとセカンドレグを戦い2-1で敗れたが、合計得点数5-2で準々決勝進出を決めた。

チームニュース

シティ対バーゼル 試合中継予定