quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、バーゼル戦に向けたチーム状況を説明

ペップ・グアルディオラ監督は、欧州チャンピオンズリーグ(CL)セカンドレグのバーゼル戦に向けて、記者会見に出席した。

フェルナンジーニョとラヒーム・スターリングが復帰間近だと、グアルディオラ監督から明かされたが、バーゼル戦には、時期尚早だとした。

スターリングは、バーゼルとのファーストレグ以来、戦列から離れている。またフェルナンジーニョもカラバオ杯決勝以来、試合から遠ざかっている。

またグアルディオラ監督は、バンジャマン・メンディの状況についても言及した。

「フェルナは、大分良くなった。スターリングも同じだよ。明日は、おそらくプレーできないが、ストーク戦には間に合うだろう。メンディも(トレーニングに)戻ってきたが、6か月離脱していた。気を付ける必要がある」と説明した。

 

シティは、ファーストレグのバーゼル戦を勝利で飾った。イルカイ・ギュンドアン(2得点)、ベルナルド・シルバとセルヒオ・アグエロがゴールを挙げた。しかしながらグアルディオラ監督は、満足をしていないとした。

「明日は、ゼロからのスタートだ。ノックアウトステージでは、ファーストレグのような試合をできるように心がける必要がある。ミスをしないように集中すべきだ。セットプレーのときに集中していたら、試合をコントロールできる。そうしたら、通過が見えてくる。欧州CLは、特別だ。集中することが大事だ。サッカーの世界では、どんなことも起こり得る」と警戒した。

「より多くの試合に勝利してきたから、自信を持っている。昨季は、浮き沈みがあった。今季は、より安定している。いつも学ぶ余地はあるし、明日は、良い時期にどのように試合をコントロールするのかを学べる。どのように試合をコントロールするのか、どのようにチャンスを作るのか。何も起こらないことが、明日の試合では重要で、セットプレーやカウンター攻撃から失点しないことだ。シンプルにプレーしていく。未来のために、どのように状況を対処できるかを見るのに適している」と続けた。

チームニュース

シティ、アブダビ合宿へ

チームニュース

グアルディオラ監督、選手らを称賛

試合レポート

シティ、チェルシーに無失点勝利