quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督:敗北から学ぶ必要がある

PENSIVE: Pep's was the face of concentration ahead of the game at Selhurst Park.

PENSIVE: Pep's was the face of concentration ahead of the game at Selhurst Park.

ペップ・グアルディオラ監督は、4-3で敗れたリバプール戦後に、記者会見に出席した。

グアルディオラ監督は、9分間に3失点したことが試合を決定づけたと話した。敗戦から学ぶ必要があると口にした。

「まずリバプールにおめでとうと言いたい。自分たちの戦い方で、試合をスタートさせることができなかった。僕らは反撃して同点に追いついた。後半は、僕らの方が良かった。後半15~20分は、僕らが試合をコントロールしていたが、2点目の失点後、落ち着くべきだったが、堅固でなかった。そこから学ぶ必要がある。前を向いて、そこから2点を返した。現実は、試合に負けたということだ。シーズンの中で、このような状況でも生きていく必要がある。この気持ちをできる限り引きずらないようにしたい」とポジティブに話した。

「アンフィールドでの試合は、難しいし、リバプールはアグレッシブに戦っていたし、スタジアムからの声援が攻撃的なサッカーを後押ししていた。2失点目が決まるまでは、相手のカウンター攻撃をコントロールしていたが、そのあとが良くなかった。プレミアリーグのシーズンはまだ長い。次の試合のことだけを考えるべきだ。また多くの試合が控えているし、難しい試合も残っている。集中して、自分たちが今いるポジションを守りたい。これからの1週間で回復して、次のニューカッスル戦に集中したい」と締めくくった。

チームニュース

リバプール対シティ 試合中継予定