quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督:切り替えて集中する

ON TO THE NEXT ONE: Pep Guardiola applauds the home support.

ON TO THE NEXT ONE: Pep Guardiola applauds the home support.

ペップ・グアルディオラ監督は、3-2で敗れたユナイテッド戦後に、記者会見に出席した。

シティは、バンサン・コンパニーとイルカイ・ギュンドアンによるゴールで、前半を2点のリードで終え、優勝一直線に思えたが、後半ユナイテッドに逆転を許し、優勝はお預けとなった。

「特に前半は、良い試合をしていたが、ライバルを前に、プレミアリーグで、このレベルで、あのようなボックス内のプレーは良くなかった。チャンスのあるときに、決めておくべきだった。前半で3点リードしていてもおかしくはなかった。もちろん悪い瞬間も来るし、過去2試合において、そういう瞬間があった。相手は、チャンスの度にゴールを決めていた。このようなことが起こると、勝利するのは難しい。僕らは、更に得点を決めるために、十分なチャンスは作れていた。ユナイテッドにおめでとうと言いたい。今から立ち上がり、火曜日に向けて集中していく」と意気込んだ。

 

シティは、タフな1週間を送っているが、プレミアリーグ残り6試合で、2位と勝ち点13差で首位を走っている。火曜日には、エティハドスタジアムで欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグでリバプールと対戦する。シティは、ファーストレグを3-0で敗れていた。

「僕らは、最少失点で、尚且つ相手にチャンスを一番作らせなかったチームだ。そのレベルで重要なことは、堅固であることだ。リバプールは、アンフィールドで前半最初の27分で2度の決定的なチャンスを作り、両方得点にした。僕らのアンフィールドでの問題は、チャンスを作れていなかったことだ。でも相手も後半は、何かを仕掛けてきたわけではなかった」と欧州CLの試合を振り返った。

「ユナイテッドは、前半一度も枠に飛んだシュートがなかったが、後半に入って、2度チャンスを作り、両方とも決めた。11月、12月頃から、プレミアリーグはもう終わったと言っている人が多くいたが、前に進み続けていくにはタフなリーグだよ。毎週集中し続ける必要があるんだ。サッカーでは、どんなことも起こり得る。今季、初めて2連敗をした。立ち直って、挑戦するしかない。基礎に戻って、試合に勝利する。火曜日の試合も、そのあとの試合も挑戦するよ」と意気込んだ。

チームニュース

グアルディオラ監督、アグエロの状況を説明

チームニュース

シティ対 ユナイテッド 試合中継予定