quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

コンパニー:ファンのための優勝

バンサン・コンパニーは、プレミアリーグ優勝をファンに捧げると話した。

コンパニーは、シティに加入してから10年目を迎えている。歴代主将のなかで、クラブに最も成功に導いたキャプテンとなった。シティは、ユナイテッドが最下位ウエストブロミッチに敗れたことで、優勝を確定した。

同選手は、7年で3度のプレミアリーグ優勝のトロフィーを掲げる予定だ。

「記録を更新してきたシーズンだったが、すべては、ファンのために捧げる。だから僕らは、やり遂げたんだ」とファンへの忠誠心を見せた。

「カモンシティ!チャンピオンだ!興奮しているし、大喜びしている。ファンとこの気持ちをシェアできるなんて、誇りに思う。特に先週辛かったときに支えてくれたファンと共有できるなんて、幸せだ。僕らは盛り返して、今は、プレミアリーグ王者だ。皆さんにお礼を言いたい。素晴らしいシーズンだよ」と語った。

 

新たな優勝を経験して、どんな気持ちかと聞かれたコンパニーは、「スペシャルだよ。このような素晴らしいチーム、素晴らしい選手ら、良い人柄チームメイト、メンタル面も良く、雰囲気の良いチームの一部になれて、光栄だ。ピッチに立つ度に、楽しんでいた」と良いチームメイトに恵まれていると話した。

「これ以上に良いことはないよ。世界中のCityzens がパーティーを楽しんでくれることを願っている」と続けた。

 

コンパニーは、自宅で優勝を見守ったが、3日間のオフを与えられた多くの選手は、家族や友人に会うために、英国を出国していた。

「選手らは、世界中に散らばっている。ポルトガルやスペインとかね。誰も予期していなかったからね。Facetimeやメッセンジャーなどで、できる限りやりとりしているよ。離れた場所にいるけど、お互いをとても近くに感じている。今晩(15日夜)は、みんなでお祝いをするよ」と喜んだ。

「プレミアリーグ史上、ベストチームかって聞かれることが多いけど、答えはノーだよ。僕らには、まだやっていくべきことがあるからね。守備に関しては、安定した守備を今季のように、3、4シーズン続ければ、そうだと言えるかもしれないが、一歩ずつ進んでいく。何よりも、その瞬間にやるべきことをすべきだ」と冷静に語った。

 

すでに3度のプレミアリーグ優勝を経験しているコンパニーは、「最初の優勝は、クラブにとっても、ファンにとっても最大のタイトルだったし、今の僕らの土台となるものを築いた」と説明。「今回の優勝には、達成感がある。なぜなら、ある一定のやり方で、初めて優勝したからだ。もっと多くのトロフィーを獲得したい。本当に誇りに思っているし、この瞬間がどれほど早くに過ぎ去るのかも知っている。できる限りお祝いをして、水曜日は、良いトレーニングセッションをして、次の試合に備える」とまだシーズンが終わっていないことを強調した。

「最後にもう一度だけ、カモンシティ!チャンピオンだ!」

チームニュース

シティ、プレミアリーグ優勝

チームニュース

グアルディオラ監督、チームを称賛

試合レポート

シティ、トットナムに勝利