quote feed-section sponsor-promos cf show linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督:完璧なパフォーマンスが求められる

PEP TALK: The boss believes City will have to produce a "perfect" display against Liverpool on Tuesday

PEP TALK: The boss believes City will have to produce a "perfect" display against Liverpool on Tuesday

ペップ・グアルディオラ監督は9日、翌日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのリバプール戦に向けて、記者会見に出席した。

3点のビハインドで、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦セカンドレグを迎えるシティ。しかしながらグアルディオラ監督は、シーズンを通して見せてきたクオリティを披露して、通過をしたいと強調した。

「もちろん、通過するためには、ほとんど完璧さが必要だ。チャンスを作り、冷静になって、相手にチャンスを作らせないことが大事だ。どの状況でも完璧さが求められる。でもまだ90分残されているし、サッカーの世界では、どんなことも起こり得る。僕らは、挑戦するし、見ていこうじゃないか」と意気込んだ。

「僕らが先制点を決める必要がある。それから2点目を決める。勢いが必要だ。自分たちがすることに集中して、もし失点しても諦めないことだ。短い時間にたくさんのチャンスを作ることは、たくさんやってきた。もし冷静になれなくても、次々とチャンスを作っていくしかない」と続けた。

 

リバプール戦の敗戦後に、マンチェスターダービーでも敗れ、今季初めて2連敗を喫したシティ。しかしながらグアルディオラ監督は、選手たちに満足していると言い、ユナイテッド戦でも逆転後にゴールに向かっていた姿勢を評価した。

「もし準決勝に進出できたら、クラブ史上2度目の快挙だ。どれほど美しい記録かということは、今話す必要がないほどに分かり切った事実だ。選手たちは、試合ごとに何ができるかと証明してきた。結果でジャッジされることは理解しているが、パフォーマンスはどうだい? 僕のチームは、素晴らしく、並外れている。このチームの指揮を執ることは、喜びだし、嬉しく思っている」と語った。

「ユナイテッド戦では、ゴールを決められたあとも、チャンスを作っていた。敗れたが、自分たちの戦い方を嬉しく思っているよ。負けたくなかったし、悲しく思っている。なぜなら、PL王者になれるのを逃したからね。3-2で敗れたが、戦い方は、際立っていた。僕は、ハッピーだ。これ以上、何も言えることはないよ」と締めくくった。

チームニュース

グアルディオラ監督:切り替えて集中する

チームニュース

グアルディオラ監督、アグエロの状況を説明