quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督:勝利をメンディとアグエロに捧げる

試合を見守るグアルディオラ監督

試合を見守るグアルディオラ監督

ペップ・グアルディオラ監督は、勝利したチェルシー戦後に、記者会見に出席した。

バンジャマン・メンディとセルヒオ・アグエロが負傷したことにより、チェルシー戦に出場できなかった。メンディは、膝の十字靭帯を断裂したため、手術を受けた。またアグエロは、休暇日に事故に巻き込まれて、肋骨を骨折した。

「この試合をバンジャマンとセルヒオに捧げたい。両選手とも回復するために戦っている。バンジャマンのことを思うと悲しい。彼は、控え室で違うスピリットをもたらしてくれる選手なんだ。セルヒオも同じだよ。早く戻ってくることを願うよ」と話した。

「僕らには、二つの選択肢があった。起用できない選手に関して、不満を漏らすこと。もしくは、今いる選手でプレーすること、だ。僕らには、他にも特別な選手がいるからね」と説明した。

「勝利するために、ここへ来た。このスタジアムで、監督として勝利したのは、初めてだ。とても嬉しいよ。でも一番重要なことは、勝利することだ。後半のプレーは、すごく良かった。昨季もここへ来たが、それは、言葉では言い表せないよ。今日の前半は、ポジションを見つけることができなかったが、後半は良くなった。チェルシーは、カウンターアタックが危険なチームだが、僕らはできる限りボールをキープしていた。勝利できたとき、とても嬉しいよ。まだ9月だ。先は長いよ」と冷静に話した。

 

またMOMを獲得したケビン・デブルイネに関して「すべてのことができる選手だ。得点も決められるし、戦い、とても謙虚だ。彼のことを思うと嬉しいよ。クレバーで、ショートボールもロングボールにもクオリティがある。それに4~6のポジションでプレーすることが可能だ。彼がシティにいて、僕らはラッキーだよ」と称賛した。

「ファビアンは、際立ったパフォーマンスをまたしたね。彼の守備はエクセレントだった。アグレッシブだった。彼の活躍を嬉しく思う。昨季は、彼にとってタフだった。だからこそ、彼のことを嬉しく思うんだ」とデルフにも言及した。

「ポジションを調整した。僕らは際立っていた。ダビド・シルバは、後半良くなったね。後半は、ボールを支配していた。チェルシーは、3日前にマドリードで勝利していた。だから、選手たちを称えたい」と締めくくった。

チームニュース

デルフ:チェルシー戦勝利は、メンディに捧げる

試合レポート

シティ、チェルシーに無失点勝利