quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、記録更新に王手をかけたアグエロを称賛

ピッチに指示を送るペップ監督

ピッチに指示を送るペップ監督

ペップ・グアルディオラ監督は、無失点勝利したバーンリー戦後に、記者会見に出席した。

グアルディオラ監督は、アウェーで好調な記録を見せるバーンリーから勝利を勝ち取ったことを喜んだ。

「バーンリーは、今季素晴らしい試合を見せている。彼らのフィジカルの強さは、素晴らしかった。運動量が豊富なチームだ。もし試合を見に来てくれる人が、僕らが20分間に5-0にして、勝利すると考えているのなら、それは起きないよ。要求の高い欧州CLの試合を戦ったあとだ。欧州CLは、精神的にもフィジカル的にも要求が高いよ」と前回の試合から数日しか経っていないことを強調した。

「僕らは十分なチャンスを作っていたし、相手の攻撃もよく守っていた。決定的なチャンスを与えなかった。昨季、1-0だったとき、今季と比べてよりナーバスだったし、コントロールできていなかった。今は、そのような感情がないよ。でも選手たちは、僕らが負ける可能性があることも理解している。どの試合のどの瞬間も、自分たちが必要なことをするべきなんだ。僕らの自信はより強くなっていくだろうし、試合にも勝ち続けることができる」と考えを述べた。

 

アグエロが成功させた前半PKによって、同選手のシティ通算得点数は、エリック・ブルックのクラブ歴代記録177得点と並んだ。グアルディオラ監督は、セルヒオ・アグエロを称えた。

「彼は、3試合出場していなかった。後半途中まで、プレーした。火曜日の試合(ウォルバーハンプトン戦)にもおそらく出場するだろう。できる限り早く、クラブ歴代記録に並ぶことは、彼にとって重要だった。記録を更新するとき、それは特別なことだよ。アグエロは、お祝いに僕らをディナーに招待すべきだよ。あと1点だ、遅かれ早かれ起こることだよ。彼にとっても、クラブにとって重要なことだ。この瞬間に、彼と一緒にいられて、嬉しいよ」とアグエロを称えた。

チームニュース

12月のプレミアリーグ日程変更のお知らせ