quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督:コンパニーは復帰間近

UPDATE: The boss faced the media on Friday ahead of the game with Stoke City

UPDATE: The boss faced the media on Friday ahead of the game with Stoke City

ペップ・グアルディオラ監督は、ウエストブロミッチ戦戦を前に、記者会見に出席した。

グアルディオラ監督は、怪我で離脱しているバンサン・コンパニーの復帰が近いことを明かした。しかしながら、ウエストブロミッチ戦には、間に合わないとした。筋組織に関する怪我で、戦列から離れている。

「バンサンは、バルセロナへ発ったよ。クガット医師に怪我の状況を診察してもらうためにね。だいぶよくなってきたよ。10日以内には、復帰できるだろう」と説明した。

 

ウォルバーハンプトンとのカラバオ杯では、90分で決着が着かず、延長戦に加え、PK戦まで戦った。勝利はしたが、ウエストブロミッチ戦のチームセレクションに支障をきたすと口にした。

「みんな疲れている。打撲などにより、複数選手が少し問題を抱えている。要求の高い試合だった。僕らは、回復につとめたし、昨日(26日)は、休息日だった。今日から選手が戻ってくるから、様子を見ていくよ」と話した。

 

シティは、ウォルバーハンプトン戦での勝利により、クラブ歴代最多となる12連勝をマークした。また無敗を誇るリーグと欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージでは、首位に立っている。しかしながら、グアルディオラ監督は、シーズンの良し悪しは、最終的な結果を見なければ分からないとした。

「昨季も好調なスタートを切ったよ。火曜日の試合で(ウォルバーハンプトン戦)、試合に勝利することが、それだけ難しいか改めて気づかされた。落ち着いて、集中する必要があるね。試合ごとにプレーをして、分析は、シーズン後に行うことにするよ」と締めくくった。

チームニュース

グアルディオラ監督、ブラボを称賛

試合レポート

シティ、PK戦の末カラバオ杯4回を突破