quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、スターリングを称賛

試合を見守るグアルディオラ監督

試合を見守るグアルディオラ監督

ペップ・グアルディオラ監督は、勝利したフェイエノールト戦後に、記者会見に出席した。

ラヒーム・スターリングが後半43分に、勝ち越しゴールを決めて、シティは、勝利を挙げた。連勝記録を更に更新させた形となった。

「勝利しないより、した方がいいよ。前半は、もっと良くできたはずだ。連勝していて、すでにグループステージ突破が決まっているとき、難しい試合になることもある。僕たちは、チャンスをものにして、勝利をすることができた。我慢強くいる必要がある。普通のことだ。でも僕らは連勝を続けている。ラヒームのゴールは、素晴らしかったよ。最終的に勝利することができた」と喜んだ。

 

ラヒーム・スターリングは、今季全公式戦でチーム最多得点者だ。これまでに11ゴールを挙げた。グアルディオラ監督は、同選手に言及した。

「たくさんのゴールを決めてきたね。得点することを楽しんでいるように見える。良いことだよ。まだ若いし、これからも向上できるよ」と称えた。

 

シティは、ラウンド16で2位通過の可能性があるユベントス、BミュンヘンやRマドリードと対戦する可能性を指摘された。

「勝利するためにプレーするまでだよ。グループステージは、1試合が残っている。何が起こるか見ていこうじゃないか。現在勝ち点が15ある。ラウンド16の抽選会は関係ないよ。どのチームと当たっても難しいことには変わりない」と牽制した。

 

またグアルディオラ監督は、欧州チャンピオンズリーグ(CL)デビューを飾ったフィル・フォーデンとブラヒム・ディアス、そして二人を輩出した下部組織を称える言葉を贈った。

「シティのアカデミーにおめでとうと言いたい。クラブは、誇りに思うべきだ。17歳と18歳の選手が欧州CLに出場した。もっと早くに得点が決まっていたら、もっとプレー時間があったはずだった。若く才能ある選手だ。僕たちのチームは、それほど選手数が多いわけではない。これからの試合では、様子を見ていくよ」と更に起用する可能性を示唆した。

「二人とも長くシティに在籍して、クラブを助けてくれることを願っている。下部組織と二人を育てた監督ら、スタッフやチームメイトは、称賛に値する。この大会での出場は、彼らの働きがあってこそだ」と更に称賛した。

ギャラリー

試合ギャラリー:シティ対フェイエノールト