quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

デブルイネ:ゴールよりもアシストが嬉しい

De Bruyne

De Bruyne

ケビン・デブルイネは19日、引き分けたリバプール戦後に、インタビューに応じた。

後半に入って、元シティのミルナーにPKを決められ、先制を許したが、デブルイネのアシストで、アグエロが同点弾を決めた。

「どのチームも大会から敗退することは難しいことだよ。よく同点に追いついたと思う。サッカーの世界では、素早く物事を対処する必要がある。モナコ戦のあと中3日でリバプール戦があることは分かっていた。自分たちの仕事をするだけだった。最終的に、僕らはそれができていたと思うよ。90分のうち80分は、良いプレーだった。僕らは試合を支配していた。1点ビハインドになったあと、リバプールに自信が生まれ、10分ほど押し込まれている時間帯があったが、そのあとは、良い試合だった。僕らは、ただ決勝点を決めることができなかった。でも僕らのプレーしていた方向性と同点に追いついたことは、とても良かった」と振り返った。


シティとリバプールは、今季プレミアリーグで一番エキサイティングな試合の一つを披露した。デブルイネは、アシストを決めることが、より満足が得られると話した。

「時々、得点を決めるよりも、アシストをする方が、より嬉しいと感じる。それが僕の在り方だよ。決勝点を決めることができなかったのは、残念だった。両チームとも、とても激しくプレスをしていて、時々とてもオープンな展開だった。最終的にも、見る試合としては、良かったと思う」と締めくくった。

チームニュース

シティから代表に召集された13選手

チームニュース

グアルディオラ監督、リバプールを警戒