quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

ギュンドアン:復帰が待ちきれない

12月に怪我をしたギュンドアンにとって長い道のりだった

12月に怪我をしたギュンドアンにとって長い道のりだった

昨年12月のワトフォード戦で怪我をしたイルカイ・ギュンドアンは、復帰に向けて懸命にトレーニングに励んでいる。

ギュンドアンは、シティデビュー戦のボルシアMG戦でMOMを獲得したほか、ボーンマス戦でも得点を挙げた。また3-1で勝利したバルセロナ戦で大きな活躍を見せた。

しかしながら、過密日程だった昨年12月のワトフォード戦で、膝の十字靭帯を負傷して、離脱を余儀なくされた。グアルディオラ監督も当初予測したとおり、長期の戦線離脱となっている。グアルディオラ監督の下、今季は16試合に出場できたのみだった。

「正直に言って、怪我で離脱している中、チームを見ていることは、一番難しいことの一つだよ。チームメイトたちのプレーをスタンドやTV観戦で見ることは辛い。あとは、チームメイトたちが普通にトレーニングしている横で、個別練習やリハビリをしていることも辛いよ。自分のトレーニングをしていても、チームメイトたちが隣でやっていることが時々気になってしまうんだ」と気持ちを吐露した。

 

ギュンドアンは、先週から軽い個別練習メニューに復帰したことが明かされたが、ソーシャルメディアでは、同選手を元気づける声や、どれほど不在が響いていたなど、数多くの意見見られた。

メディカルスタッフらと共に、初めてボールを使った軽いメニューをこなした。完全に回復するまでには、まだ長い道のりだが、個別メニューへの復帰は大きな一歩だった。シーズンがオフの夏の間に、来季からの復帰を目指して、トレーニングに励む。

「良い方向に向かっているよ。一生懸命回復に努めているよ。(シーズンオフは、)他の選手よりマンチェスターに長くいる予定だ。他の選手は、すでに休暇に入っているからね。それに(休暇から)早く戻って、他の選手たちに追いつけるようにするつもりだよ。100%の状態ではないと思うけど、プレシーズンに間に合うことを願っている。日ごとによくなっていると感じる。プレミアリーグの開幕戦には、完全復帰をしていたい。戻ることが待ちきれないよ」と話した。

チームニュース

エデルソン加入のお知らせ

チームニュース

エデルソンの知っておくべきこと