quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 Gallery

ジェズスの怪我状況

代表戦で怪我をしていたガブリエル・ジェズスが、ソーシャルメディア上で怪我状況を説明した。

ガブリエル・ジェズスは、ブラジル代表としてアルゼンチンと戦っている際に、ニコラス・オタメンディと交錯し、ストレッチャーでピッチ外に運び出された。

顔面の負傷が明らかにされていたが、手術をする可能を指摘されていた。しかしながら、ジェズスは、ツイッターで手術の必要がないことを明かした。

Image result for gabriel vs otamendi injury

「手術の必要はない!3週間以内には戻ってこれる。サポートと愛情をくれたサポーターの皆さんに感謝したい。またパグラ医師とチームにもお礼を言いたい」とジェズスは、ツイッターに投稿した。

「皆さんこんにちは。昨日、顔面共鳴といくつかの検査を行った。とても良いニュースがあるんだ。とても良い回復を見せていて、手術の必要がないんだ。15日後に再検査があるが、今のところ3週間以内に復帰できそうだ。メッセージをくれた人、僕をサポートしてくれた人、前向きな言葉をくれた人、僕のために祈ってくれた人、みんなに感謝しているよ。治療をしてくれたパグラ医師、ロテンバーグ医師とミランダ医師にも感謝します」とFacebookにも合わせてコメントを残した。

 

ガブリエル・ジェズスの再検査の結果が分かり次第、進捗状況を発表していく予定だ。数週間後から始まるプレシーズンツアーに向けて、グアルディオラ監督もジェズスの早期復帰を願っているだろう。

チームニュース

ウエストハムとの親善試合のお知らせ

チームニュース

ギュンドアン:復帰が待ちきれない