quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 Gallery

ウォーカー加入のお知らせ

シティへの加入が発表された

シティへの加入が発表された

マンチェスターシティは、カイル・ウォーカーをトットナムから5年契約で獲得したことを発表しました。また背番号は、2番を着用します。

ウォーカーは、今夏シティにとって、3番目の補強選手となりました。これまでにベルナルド・シルバとエデルソンの獲得を発表していました。

「シティとの契約を喜んでいる。始まるのが待ちきれないよ。ペップ・グアルディオラ監督は、世界で最も尊敬されている指導者の一人だ。僕が新しいレベルへと行くための助けになってくれると感じている」と話しました。

またフットボールディレクターのアイトール・ベギリスタインは、「カイルは、とても優れた、両サイドでクオリティを作り出してくれる選手だ。トットナムでのプログレスを追ってきて、どのように成長してきたのか感動している。プレミアリーグで最高のサイドバックの一人で、それがイングランド代表でレギュラー獲得に繋がっている。今季とそのあとも、マンチェスターシティで成功できると確信している」とコメントしました。

 

ウォーカーのキャリアは、シェフィールドUから始まりました。短い在籍期間でしたが、ノーサンプトンへレンタル移籍を果たし、印象を残すことに成功しました。そして2008/09シーズン最後の数試合をシェフィールドUに戻って、1部昇格のためのプレーオフ進出に貢献しました。

その夏にトットナムに移籍しましたが、シェフィールドUに残り、期限付き選手としてプレーしていました。2009/10シーズン最初の数か月で、良いプレーを披露した同選手は、トットナムに呼び戻され、ファーストチームで2試合出場機会を得ました。

その後、クイーンズパークとアストンビラへのレンタル移籍を果たし、トップチームでの経験を積んでいました。2011年にトットナムに戻ると右サイドバックでレギュラーを獲得するようになりました。

12年には、PFA年間若手最優秀選手賞を受賞したほか、これまでにPFA年間最優秀選手賞に2度ノミネートされました。

ウォーカーは、トットナム選手として全公式戦で228試合に出場して、4ゴールを挙げました。また昨季は、プレミアリーグ創設以来、同クラブ最高順位となる2位でシーズンを終え、チームに大きな貢献をしました。

イングランド代表でのデビューは、2011年のスペイン戦でした。1-0で勝利を挙げました。これまでに27キャップを達成しています。一番最近の試合では、スタッド・ド・フランスでのフランス代表との対戦で、後半からピッチに立ちました。