quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、デブルイネを称賛

PEP WATCH: Look what the opener meant to the boss!

PEP WATCH: Look what the opener meant to the boss!

ペップ・グアルディオラ監督は、快勝したトットナム戦後に、記者会見に出席した。

トットナム戦での勝利により、同チームとの勝ち点差を21に広げた。イルカイ・ギュンドアン、ケビン・デブルイネとラヒーム・スターリング(2点)がゴールを挙げて、快勝した。グアルディオラ監督は、素晴らしいゴールを挙げたデブルイネを名指しで称えた。

「全選手にありがとうと言いたいが、特にケビンに言いたい。一番才能ある選手の一人で、ボールないところでも、どれほど走っているのか見れただろう。若い選手のお手本だ。下部組織やフォーデン、ディアスにとってのお手本だよ。彼らは、どれほどデブルイネが良い選手か分かっている。デブルイネは、たくさん走るし、ボールのないところでも戦う。それが良い例えだよ」と称賛した。

「ケビンは、僕らが将来より良いクラブになるための手伝いをしてくれている。今日のパフォーマンスに関しては、言葉がないよ。チャンスも多く作っていたし、切り替えのプレーも多かった。頭を使ってプレーしていたし、ボールのないところにもいつも顔を出していた。ゴールキーパーにもプレッシャーを与えていた。そのようなプレーをするとき、後ろにいる選手は、走らないといけないと思うんだ。トットナムのようなチームを相手にするとき、彼らの攻撃を最低限に抑えられる」と説明した。

 

シティは、プレミアリーグ16連勝を達成した。リーグ戦16連勝は、グアルディオラ監督がスペイン時代の11年にバルセロナで達成した記録に並んだことになる。また欧州のリーグ戦で最多連勝記録は、Bミュンヘンの19連勝で、それもグアルディオラ監督が達成した。

グアルディオラ監督は、連続で勝利を挙げるために必要なことは何かと質問を受けた。

「3チームとも導くことができて、誇らしいよ。僕らは一生懸命練習している。選手たちもそれを分かっている。試合は明日振り返るよ。選手に個別に話をするし、何が良かったか、またミスをした場面をみんなで共有する。そして、またトレーニングだ」と話した。

「なぜ起こったかというと、3つとも素晴らしいクラブだからだ。バルセロナ、Bミュンヘンとシティ。どのクラブも僕を支えてくれたし、素晴らしい選手を揃えてくれた。それなしには、達成できないよ」と説明した。

 

グアルディオラ監督は、先制点を挙げたイルカイ・ギュンドアンにも言及した。

「とても良かった。彼のクオリティは分かっているだろう。昨季は、長い期間彼を欠いていた。ボールをキープできるクオリティがあるし、コンディションが良いとたくさん走って、ゴールを決めることもできる。強いチーム相手に、良いパフォーマンスをした」と称えた。

試合レポート

シティ、トットナムに快勝

チームニュース

シティ対トットナム 試合中継予定