quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

エデルソン:必要であれば、フィールドでもプレーする

チェルシー戦でも素晴らしいセーブを披露したエデルソン

チェルシー戦でも素晴らしいセーブを披露したエデルソン

GKエデルソンは、シティでの活躍により欧州各国からも注目を集めている。

ブラジル人GKエデルソン(24)は、マンチェスターシティでの素晴らしいキャリアをスタートさせた。同選手の際立ったパフォーマンスは、グアルディオラ監督も何度も名指しで称賛しているほどだ。

64メートルを飛ばすことが可能なゴールキックは目を見張るものがある。来夏のW杯ロシア大会での活躍も期待されるところだ。

エデルソンの確実な足元の技術、コントロール力そして試合を読む能力は、フィールド選手としてプレーすることはないのか、という疑問を誰もが持つだろう。

「そうだね、もし必要であれば、いつかやれる可能性はあると思う」と笑った。「キャリアをスタートさせたとき、実は左サイドバックの選手だったんだ。僕は足元に長けている。そのときの経験が役立っているよ。特にシティでのプレースタイルはそうだね」と明かした。

「後ろでのプレーは、大きな責任がつきものだ。ミスをすることは許されない。常に集中して、自分のベストを捧げる必要がある。練習がすべてだよ。それに集中力。僕らは、素晴らしいサッカーをプレーすることができている。自分たちの役割を理解して、一生懸命練習にトレーニングに励んでいる」と続けた。

「すべてのことは、トレーニングで実践していることだ。それを試合で実際にやっている。自分たちの目標でもある今のやり方を続けていたら、これからのたくさんの試合でも勝利することが可能だと信じている」と語った。

「でも僕がフィールド選手としてプレーせざるを得ない状況が来たら、もちろん、確実にプレーするよ!」と自信を見せた。

チームニュース

グアルディオラ監督、デブルイネを称賛