quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

コンパニー:プレシーズンの好調さを維持したい

バンサン・コンパニーは、新シーズンに向けて、インタビューに応じた。

シティは、プレシーズンの親善試合で3連勝をした。Rマドリード、トットナムとウエストハムに連続で勝利したほか、全部で10ゴールを挙げた。

勝利したことはもちろん、相手を圧倒する攻撃的サッカーで、内容的にも結果的にもファンを喜ばせたものだった。

すでにプロサッカー選手として14年のキャリアを持つコンパニーは、チームが躍進を続けていくことを強調した。

「プレシーズンだけの結果を見ているわけではないが、良いレベルにいて、開幕を迎える準備ができていると感じる。まだそれを証明することはできないけど。プレシーズンの過去3試合でやったことを、続けていくつもりだ。エキサイティングなシーズンになると思う」と話した。

 

グアルディオラ監督は、昨季序盤に挑戦していた3バックフォーメーションを、プレシーズンの間にも実践していた。直近の試合では、3バックが機能していたと言ってもいいだろう。3バックにすることで、中盤の選手を一人増やすことが可能だ。

「どんなフォーメーションでも問題ないよ。僕らは、成熟したプロ集団だ。適応するまでだよ。これまでのキャリアでは、色々なフォーメーションでプレーしてきたが、フォーメーションで区切ったプレーは、したくないよ。サイドにクオリティのある選手がいるから、どんなフォーメーションにも適応することができる」と続けた。