quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督、サニャの欠場を明言

ペップ・グアルディオラ監督は、チェルシー戦に向けて、記者会見に出席した。

バカリ・サニャは、リバプール戦で外転筋を痛めたことにより、フランス代表のルクセンブルク戦とスペイン戦、またアーセナル戦を欠場していた。

グアルディオラ監督は、復帰までに、さらに2、3週間かかることを認めた。しかしながら、パブロ・ザバレタは、フィットしており、プレーできる状況にあるとした。3日には、20歳の誕生日を迎えたガブリエル・ジェズスがピッチでの個別練習に復帰した。同監督は、今季終了前に復帰できる可能性を示唆した。

「バカリは、2、3週間離脱する。パブロは、問題ない」と説明した。

「昨日は、ジェズスが(怪我後)初めてピッチに出て、ランニングとウォーキングをした。復帰までに、具体的に何週間かかるのか分からないが、回復の最終段階にいると思う。見ていこうじゃないか。シーズン終盤に、彼が僕らを助けてくれることを願っている」とポジティブに話した。


シティは、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となる4位以内を目指して、スタンフォードブリッジに乗り込む。現在4位につけており、首位チェルシーとは勝ち点差11だ。5位マンチェスターUとは、5差だが、同チームは、シティよりも未消化が1試合多い。

近年の中で、4位以内の争いが稀に見る拮抗したシーズンだ。3位から6位までの勝ち点差が8と、4クラブがしのぎを削っている。グアルディオラ監督は、欧州大会に出場することが大事だと強調した。

「そうだね。欧州CL出場権の獲得は、6つのクラブとも重要なことだ。欧州大会への出場は、金銭面的にも名声的にもとても重要だ」と語った。

「チェルシーは、首位のチームに値している。多くの試合で連勝しており、勝ち点を積み上げてきた。新たな試合だし、まだ9試合残っている。可能な限り、たくさんの勝ち点を勝ち取る必要がある。見てみようじゃないか」と力強く締めくくった。

チームニュース

ジェズスがトレーニングに復帰

チームニュース

ジェズスがトレーニングに復帰

チームニュース

ローン移籍ウォッチ