quote linkedin dugout

チームニュース

動画 1 ギャラリー

グアルディオラ監督:力を出し切ったが、結果が伴わなかった

ペップ・グアルディオラ監督は27日、スコアレスドローに終わったマンチェスターダービーの試合後に記者会見に出席した。

シティは、圧倒的な支配率を誇り、ユナイテッドが3本に対して、19本のシュートを放ちながら、均衡を破ることができなかった。

「ユナイテッドも勝利するためにここへ来たと、かなり確信している。なぜなら、今日のような結果を望む対戦相手に会ったことがないからね。ボールを持って、攻撃をしようと試みた。今季ずっとそうしてきたように。相手は、23試合無敗記録を続けており、より難しい状況だった。簡単ではなかったが、挑戦した。僕らは、勝ち点1を獲得した。このまま戦い続けていく必要がある」と話した。

 

グアルディオラ監督は、守備に多くの人数を割いていたマンチェスターUのスタイルを批判することを拒否した。

「これまでのキャリアで、色々なスタイルのサッカーを見てきた。対戦相手のスタイルは、尊重するよ。僕らは、力を出し切ったが、今夜は結果が伴わなかった。もちろん試合に勝利していたほうが良かった。まだ5試合残っている。3試合はホームで、2試合はアウェーだ。戦い続けていく」とポジティブに話した。

「レスターとクリスタルパレスは、簡単ではないよ。彼らのアーセナル戦とリバプール戦を見ただろう。今夜のようなプレーをしていくつもりだ。ゴールを決めるために、多くのチャンスを作っていく。欧州CLの出場権を獲得できると願っている」と続けた。

 

怪我により途中交代を余儀なくされたクラウディオ・ブラボに関しても言及した。

「ドクターとまだ話をしていないが、ふくらはぎの怪我だと思う。明日には、より詳しいことが分かるだろう。怪我によって、数試合離脱する可能性があるが、様子を見る必要がある」と説明した。

またグアルディオラ監督は、バンサン・コンパニーを称えた。

「彼は、守備の要となる選手で、ストライカーとの一対一の場面でも負けない。だからこそ、優れた選手だと言われるんだ。ラッシュフォードのような選手と対峙するのは、簡単ではないよ。彼は素早いし、とてもインテリジェントな選手だからね」と相手選手を引き合いに出して、コンパニーを称賛した。

チームニュース

ローン移籍ウォッチ