quote linkedin dugout
セルヒオ アグエロ

獲得トロフィー

  1. 五輪 金メダル
    五輪 金メダル
    2008年
  2. 欧州リーグ
    欧州リーグ
    2010年
  3. FA杯
    FA杯
    2011年
  4. プレミアリーグ
    プレミアリーグ
    2011/12
  5. キャピタルワン杯
    キャピタルワン杯
    2014年
  6. プレミアリーグ
    プレミアリーグ
    2013/14
  7. キャピタルワン杯
    キャピタルワン杯
    2016年

セルヒオ・アグエロは、2011年7月28日にシティに加入した。

アグエロのキャリアの始まりは、2003年7月に遡る。弱冠15歳13日でインデペンティエンテでデビューし、アルゼンチンリーグでの最年少出場記録を更新した。以前の記録保持者は、一時期義父だった、ディエゴ・マラドーナだった。

2005年、アルゼンチン代表として20歳以下W(当時は、FIFAワールドユース選手権)を優勝し、翌年にはAマドリードでフェルナンド・トーレスと共にチームの攻撃を担った。

アグエロのクラブでの活躍により、06年9月に代表デビューを飾り、1年後、アグエロは20歳以下W杯で最も活躍した選手となった。大会を通して、7試合で6ゴールを決める活躍を見せたアグエロは、得点王と最優秀ゴール賞をダブル受賞し、2大会連続優勝を果たした。

アグエロは、Aマドリードでも引き続き活躍をつづけた。トーレスがリバプールへ移籍後は、2007/08シーズンから、ディエゴ・フォルランと組んで、攻撃選手としてプレーを続けた。両選手の活躍により、同クラブは、10年ぶりに欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場を決めた。2008年には、スペインリーグの最優秀外国人選手賞を受賞。過去4年で、唯一リオネル・メッシが受賞を逃した年だった。同夏には、共にアルゼンチン代表として五輪に出場し、金メダルを獲得した。

2009/10シーズンには、Aマドリードは、欧州リーグで優勝を果たし、UEFAスーパー杯でもトロフィーを獲得。しかしながら、国王杯では残念ながら準優勝に終わった。

アグエロは、アルゼンチン代表として、2010年のW杯と翌年の南米予選で更に飛躍し、クラブ史上最高額となる移籍後でマンチェスターシティに加入した。

有能なストライカーであることを証明するのに時間は要さなかった。11/12シーズン開幕戦でデビューを果たしたアグエロは、見事2ゴールを決めて、ファンたちの心を掴むことに成功した。同シーズンに決めた30ゴールという記録は、フランシス・リーが持つ71/72シーズンの記録を塗り替えるものだった。

また11/12シーズン最終節のクイーンズパーク戦で、後半ロスタイム(94分)のゴールによって、44年ぶりのリーグ優勝を決めたことは、多くの人の記憶に焼き付いていることだろう。アグエロがシティの歴史に名前を刻んだ瞬間だった。

他の記事ページに移動する
前の選手
ガブリエル ジェズス
戻る
次の選手
パトリック ロバーツ
次へ